ホーム > 寿陵墓(生前墓)

寿陵墓(生前墓)

今、核家族の世相を反映して、生前墓を建てる方が増えています。

寿陵墓とは

生きているうちにお墓を建てるということです。「寿陵」の寿の字が示すように「家に幸せをもたらし、長寿が約束される」といわれ、大変おめでたいお墓なのです。実際、建碑式には、赤色のお祝い袋を使います。
仏教の教えにおいても、「寿陵」を建てることは、「逆修(ぎゃくしゅう)」、すなわち、
「生前、自分のために仏事をいとなみ、冥福を祈ること」を為すことになります。
今、寿陵墓を建てる方が増えています。ぜひお客様の声を聞いて下さい。

 

増加している理由…

  1. 家族形態が核家族化のため、継承というかたちのお墓がなくなりつつあり、自分たちだけのお墓が必要である。
  2. 子供達に負担をかけたくない。
  3. 夫婦二人が元気なうちに、自分たちらしい納得いく終の住処をつくりたい。

 

建墓例

j01

富岡市 M様

j02

富岡市 A様

 j03

富岡市 K様

 j04

富岡市 S様

 j05

富岡市 A様

 j06

富岡市 K様

 

寿陵墓に関するアンケート

【1】なぜ寿陵墓を建てようと想いましたか?

  • 墓地もないし、納骨するところがなく、子どもたちに迷惑をかけたくないから建てると決めました。
  • 兄が他界したとき、納骨までにお墓を建てることになり、慌ただしい想いをしたので、安心のために建てようと思った。
  • 夫婦で元気で動けるうちに、自分たらしい、想いを込めたお墓をつくりたいと思った。
  • 古希を記念に、長生きできるように。

【2】寿陵墓を建てて良かった点は?

  • 自分の思い通りに建てられたのを見届けて、この先安心して人生が送られると思います。
  • 自分で字を書いたものを彫れた事が大変良い記念になった。安心して、心のやすらぎを得られました。
  • 先ず安心感。これが一番。あと、自分が入るお墓を見られた事と、子どもたちに余分な心配をかけなくて済む。
  • 子どもたちが遠くへ行ってしまってどうなるかと心配でしたらが、夫婦の安心と子どもたちの安心両方得ることができた。